01.「露出」を操り美白写真を撮ろう

「露出」=「絞り」+「シャッタースピード」で決まる

 「絞り」は“光の量”、「シャッタースピード」は“光を取り込む時間”である。その2つの要素によって、カメラが受ける光の量が変わり、写真の明るさやイメージが変化する。また、天候や場所によっても露出は常に変化している。



「自動露出」と「露出補正」を使おう

 「絞り」と「シャッタースピード」で「露出」を決定することがわかっても、いちいち考えて設定するのは大変だ。そこで、カメラに自動的に決めてもらおう。カメラのモードがM(マニュアル)以外であれば、カメラが自動的に露出を設定するようになっているはずだ。ただし、この自動露出は“白いものはグレー”“黒いものもグレー”に写してしまう傾向がある。そのため、自動露出を使ってイメージと違う色合いになった時は、「露出補正」という機能で、自分で露出を調整してみよう。

02.影を生かした写真の撮り方

 木漏れ日やビルの影など、影にもいろんな種類がある。顔の上に入れるのか、目の部分だけ光を当てるのか、影に合わせていろいろ試してみよう。自動露出で合わせてから、露出補正やシャッタースピードを調整し、綺麗に撮れるポイントを探してみよう。被写体が太陽の方を向いてしまうときは瞳への直射日光を避けるために、視線をそらしたり、向きを変えるなどをしましょう。

03.焦点をあてる部分を思いっきり限定してみよう

「絞り」が浅い=ぼけやすい

 「絞り」は、浅ければボケやすく、深ければピントが合う範囲が広くなる性質を持っている。カメラの表示では「F値」で表示されている。
●絞りが浅い(開放)=ピントが合う範囲が狭い=F値は小さい
●絞りが深い(絞る)=ピントが合う範囲が広い=F値は大きい
と覚えておけば問題ない。また、デジタルカメラの大半は「絞り優先モード(AV)」が付いている。このモードは、任意に決めた絞りに対して、適正なシャッタースピードをカメラが決めてくれるので、適正露出で撮影することができるモードだ。

標準・望遠レンズでぼかすには?

 標準・望遠レンズでぼかすには、①絞りを一番解放した状態にする ②レンズを望遠よりにする ③被写体にできるだけ近寄るの3点がポイント。レンズを望遠寄りにすることで背景をぼかすことができる。

04.カメラのレンズを使いこなそう


 レンズの中でも良く使われている種類を紹介。値段は安いものから高いものまで幅広いが、まずは中古で気になるレンズを探すのも良いだろう。

●標準ズームレンズ …もっとも多く使うレンズ。カメラとセットになっていることが多い。
●望遠ズームレンズ …遠くの被写体を大きく撮影できるレンズ。撮りたい絵よって、種類を選ぼう。
●広角ズームレンズ …画角が広く、広範囲を1枚の写真に収めるレンズ。パースの強い写真も撮れる。
●単焦点レンズ …画角が一定で、F値が小さいレンズ。シンプルな写真が撮影可能。
●マクロレンズ …小さなものを大きく撮影できるレンズ。小物の撮影に向いている。

05.レンズとシャッタースピードで「効果線」の入った写真

シャッタースピードを遅くし、シャッターがおりるまでの間にズームリングを動かすというワザ。ちなみに被写体は一切動かない。
❶被写体は画面の真ん中に入れ、ピントを合わせる。(今回は顔に合わせている)
❷シャッタースピードを落とし、望遠の最大値までレンズを引いておく。(今回は、24-105mmを使用。シャッタースピードは1/15に設定。)
❸シャッター切る間に、105mmから50mmあたりまでズームリングを動かす。

06.「シャッタースピード」で夜の撮影

 夜の撮影は、①外の街灯を利用する ②ストロボを焚く ③絞りを開放する ④シャッタースピードを落とす などいくつかの方法があるが、ここでは「背景の夜景も手前の人物も綺麗に撮れる方法」を紹介するよ。
「スローシンクロ」という撮影方法で、「シャッタースピード」+「カメラのストロボ」を使用するワザだ。
 カメラのストロボを、左側に置いたレフ板に反射させ、人物を照らす。これで人物はシャッタースピード関係なく明るく撮れる。あとはシャッタースピードを落とし、背景の明かりを入れれば完成だ。

07.簡単アイキャッチとアルミ紙で自作レフ

ケータイのカメラライト

 ケータイのカメラライトを利用して、夜の撮影でもアイキャッチを入れてみよう!方法はいたって簡単。被写体の顔の前にケータイをかざし、ケータイカメラのライトを点灯するだけ。ライトを直接見てしまうと、まぶしいので、目線をそらすなど工夫しよう。顔全体を明るく撮りたいときは、白いハンカチなどをライトと顔の間に入れると、やわらかい光になるぞ。ケータイの代わりにペンライトなどを使用してもOK。また、ライトにカラーセロハンを貼って、雰囲気ある光を作ってみても面白いぞ。


自作レフ板

 白い厚画用紙(またはスケッチブック)・アルミホイル・両面テープ(セロテープでも可)の3つで、オリジナルレフ板を作ろう! 作り方は簡単、スケッチブックの一面にアルミホイルを貼るだけ。ポイントは、アルミホイルは表面と裏面を利用すること。これで、3段階のレフ板が完成! 光の反射が、画用紙の白では弱いとき、アルミホイル裏のくすんだ銀色を使い、もっと強い光が欲しいときは、アルミホイル表の鮮やかな銀色を使うのがオススメ。アルミホイルはしわくちゃにして広げ、貼る方法もある。

08.低いほどキレイに撮れる?ISO感度と光の関係

 ISO感度200は「ISO200」と表記し、ISO100の2倍の強さで光を受ける力があることを指す。つまり半分の明るさでも同じ光の量を受け取ることができる。よって、感度を上げれば、暗いところでも速いシャッタースピードで撮影ができるようになる。感度が高いほど画面にノイズのようなザラツキが現れてしまうが、最近のデジカメは高性能なため、余程大きく印刷しない限りは、画像のザラツキはあまり気にならない。