01.夕日を背景に人物を撮ろう

「シャッタースピード」と「ストロボ」を駆使しよう

スローシンクロ撮影方法
❶ 背景が綺麗に写るように「シャッタースピード」を合わせる。
❷ 撮る際、ストロボを使用し人物を照らす。
 方法はこの2つだけ。ストロボの光量を調節できる場合は、肌が綺麗に見える数値を探してみよう。他には、ストロボの光をレフ板に反射させてから人物に当てたり、ストロボをトレーシングペーパーや和紙で包むと光が柔らかくなるぞ。右の写真は、撮影の際「コントラスト」「色の濃さ」を高めに設定している。そうすることで、真っ白になってしまいがちな、太陽や空のグラデーションが綺麗に写る。

02.夕方のグラデーションを撮ろう

 夕方の背景が暗い撮影は、さきほど紹介した“スローシンクロ”を利用しよう。「コントラスト」「色の濃さ」は高めに設定。日が沈みかけているので、絞りやシャッタースピードを調節して、写真の明るさを決めていこう。
 下1枚目の写真は広角レンズを使用している。広角レンズは画角が広いので、空を広く撮影することができる。下2枚目の写真は、望遠レンズを使用して撮影。望遠レンズは、画角は狭いが焦点の合う距離が長いので、遠くにあるビルなどの背景を引きつけて撮影することが可能。ピントを人物に合わせているので、建物と空がうまい具合にボケた写真が撮れた。

 

03.夜景と人物を綺麗に撮ろう

絞りは固定しよう

 夜景の撮影方法でよく聞くのは、“「絞り(光の量を調節する部分)」をたくさんあける”という方法。しかしこの方法では、ピントが合う範囲が大きくなり、ブレやすくなってしまうのが難点。オススメの調整方法は、シャッタースピードだ。
ここでは、スローシンクロの撮影法で、絞りは通常のまま、シャッタースピードを調整して撮影した。また、光量を調節できるストロボを持っている場合は、背景が綺麗に写るシャッタースピードに固定し、ストロボの光量を調整するのも方法のひとつだ。
この撮影で、必須アイテムは“三脚”。どんなに調整しようとも、ブレない綺麗な写真を撮りたい場合は三脚を用意するのが良いだろう。

04.街灯とストロボ、あなたはどっち?

● さまざまな街灯の下で撮ってみた

 街灯には、黄色味がかった電球や、青みがかった蛍光灯など、いろいろな種類がある。カメラのホワイトバランス機能を使って、見た目の良い色合いに合わせても良いが、どうせならその場の雰囲気を利用して、いろいろな写真を楽しみたいところだ。
下の2枚の写真はストロボは使用せず、街灯の明かりとシャッタースピードや絞りを使って撮影している。また下の写真では、わざとホワイトバランスを「電球モード」にし、黄色味がかった写真を撮った。ここでの重要なアイテムも、“三脚”。夜の撮影では三脚があると断然便利だ。



● ストロボを焚いて、背景を暗く

 あえて背景は気にせずにストロボを焚いてみた。
下の2枚の写真は、それぞれ空の明るい部分が綺麗に写るように設定し、ストロボで撮影。左側の写真は、人物の近くにあった街灯にもストロボが当たっており、それ以外は真っ暗になっている。このように、人物と人物の近くにあるものにだけ光があたり、それ以外は暗くなってしまうという撮り方も、スナップ写真のようで面白い。

■番外編*夕方〜夜の撮影に必須アイテムを紹介!

・三脚
 ロケ撮影に欠かせないのが、三脚。カメラを固定するので、手ぶれによる失敗もない。5,000〜6,000円台でも買えるので、夕方〜夜やロケ撮影をする予定がある人は、揃えておくのがオススメだ。
・ストロボ
 今回使用しているのは、P43で紹介したクリップオンストロボ。カメラの上部に取り付けるタイプのストロボで、一眼レフに連動し、露出調整などに合わせて発光する優れもの。安いものであれば10,000円台で揃えることができる。
・その他
 ストロボの光を和らげるために、「トレーシングペーパー」があると便利だ。カメラ関連のショップならどこでも手に入る。また、レフ板にストロボの光を当てて和らげることも可能なので、どちらか1つは持っておきたいところだ。